『本格ミステリーワールド』の思い出

すでに情報が出回っているようだが、南雲堂さんのムック『本格ミステリーワールド』が休刊することになった。いずれ南雲堂さんから正式なアナウンスはあるだろうから、ここでは詳しく書かない。

それはともかくとして、ミステリー読みとして、またミステリー業界にいる者としては残念だ。そして、非常に寂しくもある。というのも、私の“デビュー”の場が同ムックであるからだ。

 

本格ミステリー・ワールド2012

本格ミステリー・ワールド2012

 

 

デビューのきっかけ

私がはじめてミステリーについての原稿を書いたのは、2011年になる。ノベルゲームというジャンルについての文章だ。

 

ネメシスの虐笑S (講談社BOX)

ネメシスの虐笑S (講談社BOX)

 

 

小森健太朗さんの『ネメシスの虐笑』という作品がある。ゲーム*1が同梱された小説なのだが、同作品についての感想をtwitterで呟いたところ、それまでまったくやりとりのなかった小森さんにいきなりtwitter上で声をかけられて「『本格ミステリーワールド』に原稿を書いてみませんか?」と誘われた……というのが、私のデビューのきっかけだ。

 

1回こっきりでお終いかなと思っていたら、翌年2月に小森さんから新たにお題を出され、今度はアニメのヒロイン像とミステリの探偵像について『本格ミステリーワールド』に書くことになった。そして、2013年からは私から編集部にテーマを持ち込むようになり、今に至る。

私がミステリに関わることができるようになったのも、小森健太朗さんと南雲堂さんのおかげであり、非常に感謝している。


さて、今だから言える話ではあるが、私は元々日本のアニメをはじめとして、オタク文化にそんなに興味があったわけではない。むしろ不得手なジャンルではあった。

だが、デビューの経緯が経緯だっただけに、オタク文化に通じていると思われていたようで、(南雲堂さんに限らず)いただいたオファーもアニメに関係するものが多かった。対応するために、週に放送されているアニメから35本近くピックアップして視聴していたが*2、『本格ミステリーワールド』が無ければ日本のアニメをあれほど多く見る機会は私の人生に訪れなかったと思う。その点でも感謝している。

 

今まで『本格ミステリーワールド』に寄稿した原稿

過去に『本格ミステリーワールド』に寄稿した原稿は以下の6本になる。


2011年 「ノベルーゲムのこうしょう」

小森健太朗『ネメシスの虐笑』を切り口にノベルゲームとミステリの関係について。

 

2012年 「2012年テレビアニメとミステリーの侵犯関係」

アニメ「氷菓」、マンガ「AKB48殺人事件」、北山猛邦『猫柳十一弦の後悔』などについて。

本格ミステリー・ワールド2013

本格ミステリー・ワールド2013

 

 

2013年 「アニメ『ダンガンロンパ』は本格ミステリーの苗木となりえたか?」

アニメ「ダンガンロンパ」と北山猛邦ダンガンロンパ霧切』について。

本格ミステリー・ワールド2014

本格ミステリー・ワールド2014

 

 

2014年 「その呼応は赫奕――〈二〇一一年の想像力〉と本格ミステリー」

深水黎一郎『大べし見警部の事件簿』、北山猛邦ダンガンロンパ霧切2』、柄刀一『密室の神話』を切り口に、同年に放映された様々な深夜アニメをヒントに〈傭兵化する探偵〉というテーマについて。

本格ミステリー・ワールド2015

本格ミステリー・ワールド2015

 

 

2015年 「量産機のコンペティション~多重解決を保証する競技性について」

深水黎一郎『ミステリー・アリーナ』、井上真偽『その可能性はすでに考えた』を切り口に多重解決について。

本格ミステリー・ワールド2016

本格ミステリー・ワールド2016

 

 

2016年 「To Infinity And Beyond ~ディズニーから学ぶミステリーの可能性」

ウォルト・ディズニー・カンパニー/東京ディズニー・リゾートが公開した映画、動画、そして彼らか提供してきたサービス切り口に、サイバーミステリーの可能性について。 

本格ミステリー・ワールド2017

本格ミステリー・ワールド2017

 

 

個人的に、タイトルで一番気に入っているのは、「アニメ『ダンガンロンパ』は本格ミステリーの苗木となりえたか?」

内容で一番気に入っているのは「量産機のコンペティション」と「To Infinity And Beyond」だ。

逆に、タイトルで一番不満を覚えているのは、「ノベルゲームのこうしょう」。「考証」「哄笑」のダブルミーニングで付けたタイトルだったのだが、今となっては平仮名に開いているのが子どもっぽいというか、なんというか。やや間抜け。

内容で一番不満に思っているのは「その呼応は赫奕」。出来の悪いゼロ年代批評という感じ。自分が一番嫌いなタイプの論考を書いてしまった。思い起こせば、この頃は己の文化的出自に血肉としてないものをつなぎ合わせて、それこそ「イメージだけに加速度つけ話」していたように思う。

 

さいごに

独断と偏見、そして愛に満ちた「黄金の本格ミステリ」企画*3。とにかくヴォリュームが充実しすぎている「作家の計画・作家の想い」。切り口がとにかくユニークで、読み応えたっぷりな評論の数々。大胆な試みが魅力のムックだったと思います。残念です。

復刊はあるのか。別の版元に移籍して継続されるのか。CONTINUEに期待したいところです。

 

なにはともあれ。南雲堂のH野さん、今までお疲れ様でした。

*1:ジャンルはいわゆる“美少女ゲーム

*2:今はもう時間的に無理です

*3:ミュージック・マガジン」毎年恒例の年間ベスト「ベスト・アルバム」企画に通じるような内容だったと思います

【告知】「ジャーロ」2017年夏号に天祢涼さんとの対談が掲載されました

現在発売中のミステリ文芸誌「ジャーロ」No.60 2017年SUMMER号(光文社)に、天祢涼さんとの対談形式で、ニコニコ超会議2017のレポート記事「超会議に神社があるって本当ですか?」が掲載されております。

 

ジャーロ No. 60

ジャーロ No. 60

 

 「ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに、毎年四月末に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議。来場者数十五万人、ネット来場者数五百五万人という巨大イベントも今年で早六回目。その模様を、超会議は初めてという天祢さんとガイド役の私とのトークで振り返る……という内容です。

「春になるとCMがよく流れるニコニコ超会議って何?」という方も、「昔、超会議に行ったよ」という方も、「今年の超会議、楽しかったよね!」という方も、「来年こそは行ってみようかな」という方も、もちろん天祢涼さんファンの方も楽しめる内容になっているはず。

 

今回の企画、そもそもは、

  1. 現在、天祢涼さんは「ジャーロ」において「巫女の推理に御利益あり」を連載中。
  2. ニコニコ超会議には神社がある。
  3. じゃあ、ニコニコ超会議にある神社に取材しましょう!

という流れで生まれたものです。
はたして天祢さんは超会議からどんなインスピレーションを得たのでしょうか。お楽しみに!

 

なお、天祢涼さんがご自身のブログでも、ひと足早く感想をアップされておりますので、そちらも読むとより楽しめるかも?。

www.amaneryo.com

 

ジャーロ」といえば

ところで、「ジャーロ」といえば、刊行スケジュールが年3回から年4回刊行に最近変わったばかり。併せてHPやtwitter、LINE、Facebookも開設されました。

◯HP

giallo-web.jp

Twitterhttps://twitter.com/giallo_kobu

Facebookhttps://www.facebook.com/giallo.web/

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40zvs2343n

 

なお、「ジャーロ」最新号には第17回本格ミステリ大賞の開票式のレポート記事や、投票した会員の全選評が掲載されています(私も今回、小説部門に投票しており、選評が掲載されております)。ミステリ・ファンの方はぜひぜひ。よろしくお願いいたします。

www.kobunsha.com

2017年上半期のアルバム私的Best10

5月も終わったので、とりあえず2016年12月~2017年5月の間にリリースされたアルバムから、独断と偏見で上半期のベスト10を挙げておきます。

 

なお、私のBest10遊びは、1996年に地元のレコード屋さんからの依頼で、同店舗が発行していたフリーペーパーに寄稿したものから始まっておりまして、それからなんだかんだで続けております。

とはいえど、今では備忘録替わりに付けているような感じで、「ああ、あんなレコード買ったなあ」と思い出すためにやっています。

 

とりあえず、昨年のランキングはこちら


2015年度はこちら


最後に。コメントは覚え書き程度のものなので、お手柔らかにお願いします。

 

洋楽新譜部門 
ブルー&ロンサム

ブルー&ロンサム

 

1位 ローリング・ストーンズ『Blue & Lonesome』
2位 レイ・デイヴィス『Americana』
3位 ロバート・ランドルフ&ファミリー・バンド『Got Soul』
4位 タジ・マハル&ケブ・モ『Tajmo』
5位 サンダーキャット『Drunk』
6位 ボブ・ディラン『Triplicate』
7位 O.S.T.『Beauty & the Beast
8位 オールド・クロウ・メディスン・ショー『50 Years of Blonde on Blonde 』
9位 イェンス・レークマン『Life Will See You Now』
10位 ジョン・メイヤー『The Search for Everything』
次点 シェリル・クロウ『Be Myself』
次点 ザック・ブラウン・バンド『Welcome Home』

 

1位の音像のやばさはたまらなかった。ブルース・アルバムという名のガレージ・ロック


The Rolling Stones - Ride 'Em On Down


2位はレイ・デイヴィスのソロとしても最高の1枚では。歌詞もじっくり読むべき1枚。


Ray Davies - Americana


6位のディランにはこの時代において「あえてこれ」ではなく、時代と正面から向き合ってほしかったなというのがあった。7位は新曲がとにかく良かったので。

『ブロンド・オン・ブロンド』50周年を記念したライヴを収録した8位はご機嫌。

 

隠し玉のLos Straitjacketsによるニック・ロウ・カヴァー集『What's So Funny About Peace』を入れられなかったのが心残り。

What's So Funny About Peace, L

What's So Funny About Peace, L

 

 


Los Straitjackets - “(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding”

 

ショバリーダー・ワンの『Elektrac』やアリソン・クラウス『Windy City』も良かった。

 

洋楽再発・発掘部門

1位 オーティス・ラッシュ
  『アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー
   ~ザ・コンプリート・コブラ・セッションズ 1956-58』
2位 ビートルズ『SGT. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Super Deluxe)』
3位 ロイ・オービソン『Black & White Night 30』
4位 ジョージ・ハリソンクラウド・ナイン』
5位 ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt(3CD+DVD)』
6位 バッキンガム・ニックス『Buckingham Nicks』
7位 ヴァン・モリソン『Authorized BANG Collection』
8位 V.A.『シルヴァー・アンド・サンシャイン~ソフト・ロックナゲッツ VOL.1』
9位 ブリンズリー・シュウォーツ『It's All Over Now』
10位 V.A.『Rock And Roll Music! The Songs Of Chuck Berry
次点 V.A.『To Love Somebody: The Songs Of The BEE GEES 1966-1970』

 

1位はブルース好き、アメリカ音楽好きは必聴。今回の一連のジョージのリマスターではダントツで良かった『クラウド・ナイン』を4位に。6位と9位は出たことに意味がある。英Aceはチャック・ベリーの作品集がシビレたけども、企画自体はビージーズのカヴァー集がユニークで好き。

ハンブル・パイのBOXとか、ロジャニコの音源集を入れられなかったのが心残り。木村ユタカ氏が編纂した『ナイアガラの奥の細道~ルーツ・オブ・ナイアガラ・ポップス』も企画が最高だった。

ナイアガラの奥の細道~ルーツ・オブ・ナイアガラ・ポップス

ナイアガラの奥の細道~ルーツ・オブ・ナイアガラ・ポップス

 

 

邦楽部門
木の奥

木の奥

 

1位 坂田学『木の奥』
2位 コーネリアス「あなたがいるなら」
3位 小沢健二「流動体について」
4位 ザ・ペンフレンドクラブ『Wonderful World Of The Pen Friend Club』
5位 YOUR SONG IS GOOD『Extended』
6位 ANGELICFORTRESS『TRISMEGISTUS』
7位 かめりあ『Guest Tracks" Summary & VIPs 01』
8位 ミックスナッツハウス『All You Need is Nuts』
9位 『佐野元春 & ザ・コヨーテ・グランド・ロッケストラ』
10位 Skillkills『The Shape of Dope to Come』
次点 LEARNERS『モア・ラーナーズ』

 

1位はシンガー・ソングライターのアルバムだな、というのが第一印象。全体の音像、それぞれの音の距離感がそう思わせるのだろう。あらゆるジャンルの上にたゆたう音楽。一瞬、「今って1997年だっけ」と錯覚してしまう。97年の傑作群と直列関係にある一枚。


Ki-No-Oku Manabu Sakata Trailer Long ver. (not final mix, not mastered)

 

2位は音像以上に、らしくないぐらいにエモーショナルなヴォーカルにぶっとんだ。


Cornelius - 『あなたがいるなら』"If You're Here"

 

3位は歌詞にノックアウトされた。ソフトロックな4位も最高。選からは漏れたが、For Tracy Hyde『Film Bleu』もギターポップス好きとしては面白かった。

 

Film Bleu

Film Bleu

 

 


For Tracy Hyde - Favourite Blue (Official MV)

 

なお、再発に限ると、ナイアガラのあの箱にとどめを刺すが、『火の玉ボーイ~40周年記念デラックス・エディション』、はちみつパイ『センチメンタル通り[Deluxe Edition]』の2つの豪華盤も良かった。特に後者の満腹感ね。

 

 

【告知】「起こりうる事件 来たるべき世界~サイバーミステリ小説アンソロジー」企画に寄稿しました

株式会社イードさんが運営する法人向け情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」において、近い将来起こりうる新しいサイバー犯罪・脅威をテーマとしたショートショートミステリの競作特集「起こりうる事件 来たるべき世界~サイバーミステリ小説アンソロジー」という企画が同誌Webサイトにて6月5日からスタートしています。

 

www.iid.co.jp

 

同企画に私も評論原稿というかエッセイ原稿「『天使たちのシーン』は聴こえているか」を寄稿しました。

 

私の原稿は〈あとがき〉みたいなもので、掲載される4本のショートショート作品を総括しつつ、サイバーミステリの役割と可能性について考えてみたものですので、七瀬晶さん、一田和樹さん、千澤のり子さん、柳井政和さんの原稿と併せてお読みいただければ幸いです。ID の取得とサービス利用登録(無料)が必要ですが、どなたも無料で読めます。よろしくお願いいたします。

 

◆七瀬 晶「自動走行車の行方」

実験中の、目的地を言うだけでそこへ運ぶ自動走行車が突然暴走した。バグの可能性は低い。大学生の「僕」はプログラムを書いた先輩と真相究明にあたる……

scan.netsecurity.ne.jp

 

◆一田和樹「さよならアカウント」

末期の重病を苦に自殺した少女のTwitterアカウントが死後復活した。フォロアーもフォローも1名だけのアカウントのツイート数は毎日増え続ける……

scan.netsecurity.ne.jp


◆千澤のり子「初恋さがし」

「あなたの初恋の人 探します」 とあるインターネットのサイトで販売ランキング1位を獲得するサービスを販売しているのは意外な人物だった……

scan.netsecurity.ne.jp

 

◆ 柳井政和「QR ― Trojan Room coffee pot ―」 

横浜駅近くのコワーキングスペース併設の喫茶店Trojan Room coffee potのマスター 善光寺良成は、ある日、誰が置いたのかわからない IoTロボットを発見する……

scan.netsecurity.ne.jp

 

◆「『天使たちのシーン』は聴こえているか」

「時代は変わった。これからはサイバーミステリとアメリカの時代だ」 4つのショートショート作品を総括しサイバーミステリの役割と可能性を問う。

scan.netsecurity.ne.jp

 

なお、「『天使たちのシーン』は聴こえているか」とタイトルにはありますが、メインはこの曲についてだったりします。


小沢健二 - 流動体について

 

天使たちのシーン」は次のアルバムに収録されています。

 

犬は吠えるがキャラバンは進む

犬は吠えるがキャラバンは進む

 

 

dogs

dogs

 

 

最後に。今回の連載企画でサイバーミステリに興味を持たれたという方にはこちらもお薦めします(宣伝です。ごめんなさい)。

サイバーミステリ宣言!

サイバーミステリ宣言!

 

 

【告知】『声優論2 魔法に誘われて』の刊行が決定しました!

f:id:ue-kaname:20170330013256j:plain

 

この度、『声優論2 魔法に誘われて』という評論集を出すことになりました。

現在、鋭意執筆中。

今年の秋には皆さまのお手元にお届けすることができるかと思われます。

詳細が決まり次第、このブログでも告知いたします。

 

前作『声優論』は日本のアニメ、中でも深夜アニメを中心に活躍する女性声優さんたちについて論じましたが、今作ではディズニー作品で吹替えを担当する声優さんたちについて論じます。

今作でも前作同様、基本的に1章につき1人の声優さんを、声の質や演技、キャラクターとの相関関係を切り口に論じていきます。

 

目次はこんな感じです。

 

 

ディズニー・ファンはもちろんのこと、吹替えファンの方、ポップ・カルチャー全般に興味のある方にもご覧いただければなと思っています。

 

なお、詳細は後日発表いたしますが、『声優論2』刊行へ向けての壮行会イベント「Then They Lived Happily Ever After...」を5月に行います。

 

Then They Lived Happily Ever After...
  • 日程:2016年5月21日(日)16:00 OPEN/START 
  • 会場:Alamo's Basement
  • 出演:遊井かなめ、三木舞生...and more
  • チケット代(公式サイト先行予約:¥1,800/一般発売:¥2,300)
  • 詳細は公式サイトをご覧ください。

 

以下は注意事項です。よろしくお願いいたします。

 

  • 入場時、要別途1ドリンク
  • 先行予約チケットは先着順(規定数量に達し次第、終了)
  • 未就学児童入場不可
  • 今日は4月1日です

 

 

 

 

はい。エイプリルフールでした。

……というエイプリルフール企画でした。

とはいえど、『2』をやるなら、この方向性、つまりディズニー作品に出演した声優さんについて論じるという方向でしか考えておりません。
 
私なりのディズニー作品との向き合いとなる『声優論2』ははたして出るのか。それとも、エイプリルフールで終わるのか。
……一応、準備はできております。ご興味のある方はご連絡くださいませ(笑)。