「ファー・アウェイ・アイズ」はまだ聴こえているか?

【告知】「ジャーロ」2018年夏号に企画・編集を担当した記事が掲載されます

6/22に配信が開始されるミステリ文芸誌「ジャーロ」No.64 2018年SUMMER号(光文社)に、いろいろ参加しています。

 

ジャーロ No. 64

ジャーロ No. 64

 

 

バスルームで小説を書く100の方法

まず、私が企画・編集を担当する連載「バスルームで小説を書く100の方法」。

ミステリ作家がどんな環境で小説を書いているのか。どんな道具を使って物語を作っているのか。――「バスルームで小説を書く100の方法」は、一人の作家を文化的な背景からではなく、使ってきた機材から捉えるドキュメンタリー企画です。

インタビューを通じて、作家が使った機材を明らかにするとともに、小説の書き方を探っていきます。

第2回となる今回のゲストは芦辺拓さん。来年で作家歴30周年を迎える芦辺さんですが、ワープロからパソコンへと執筆環境が移行していった世代の作家ならではの苦労話も飛び出して、作家志望の方だけでなく、あの時代を知っている人は必読かも。芦辺拓さんならではの、情報の整理術は参考になる人も多いはず。また、森江春策Pとしてのお仕事についても聞いております。「THE IDOLM@STER」のファンも必見?

 

楽譜と旅する男

楽譜と旅する男

 

 

特集〈山口雅也『生ける屍の死』が全面改稿により新たに甦る!〉

次いで、今回は特集〈山口雅也『生ける屍の死』が全面改稿により新たに甦る!〉にも関わっております。

 

生ける屍の死(上)

生ける屍の死(上)

 

  

生ける屍の死(下) (光文社文庫)

生ける屍の死(下) (光文社文庫)

 

 

スペシャル・インタビュー

最初にお送りするコンテンツは、再文庫化を記念した山口雅也さんのスペシャル・インタビュー 「死者が甦る世界といっても、読者を納得させるのは大変なんだよ」。インタビューは遊井が担当しました。今回の“リマスター”作業について、〈SFミステリ〉について語られています。注目は、山口さんが、特殊設定を成立させるために傾注したことについて語ったこと。阿津川辰海『名探偵は嘘をつかない』、今村昌弘『屍人荘の殺人』、白井智之『おやすみ人面瘡』や『東京結合人間』など、近年、特殊設定ミステリの注目作が多く書かれているだけに、ミステリ・ファンは必見ではないかなと思います。

 

名探偵は嘘をつかない

名探偵は嘘をつかない

 

  

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

 

 

東京結合人間

東京結合人間

 

 

 

おやすみ人面瘡

おやすみ人面瘡

 

 

 幻の短編

次にお送りするのは、山口雅也が『生ける屍の死』で本格デビューする前に発表した*1短編小説「ぶよぶよ猫のための変奏曲」。雑誌「CLIP」での連載〈レシピ小説〉から、1985年12月号に掲載されたを幻の短編を今回特別に掲載します。

山口雅也の幻の短編が「ジャーロ」最新号で甦ります。奇妙な味の作品で、後の「M」シリーズに収録されていてもおかしくないような作品。「M」シリーズ好きの方は必読です。

 

ミステリーズ

ミステリーズ

 

 

マニアックス (講談社文庫)

マニアックス (講談社文庫)

 

 

モンスターズ (講談社文庫)

モンスターズ (講談社文庫)

 

 

80年代の山口雅也に迫った評伝

なお、「ぶよぶよ猫のための変奏曲」には遊井による解説「You Spin Me Round (Like a Record) ~一九八〇年代の山口雅也」が付きます。これは『生ける屍の死』でデビューする前の山口雅也さんについて、その足どりを追ったものです。80年代という時代の荒波であがいていたフリーライター山口雅也について掘り下げました。山口雅也版「龍が如く0」といった内容です。

 


Dead Or Alive - You Spin Me Round (Like a Record) (Official Video)

 

若手作家からのコメント

また、今回は『生ける屍の死』光文社文庫版発売を記念して、同作への熱い想いを若手ミステリ作家からいただいております。寄稿してくださったのは、浅ノ宮遼さん、阿津川辰海さん、白井智之さんです。

若手作家3人の『生ける屍の死』への想いは三者三様。阿津川辰海さんは特殊設定について語り、浅ノ宮遼さんは素敵な読書体験について語り、白井智之さんは「そこに注目するんかい!」とつっこみたくなるような細かいところについて語っています。面白いっすよ。

 

片翼の折鶴 (ミステリ・フロンティア)

片翼の折鶴 (ミステリ・フロンティア)

 

 

というわけで、「ジャーロ No.64」をよろしくお願いいたします!

 

ああ、そうそう。

今回の「ジャーロ」には第18回本格ミステリ大賞の開票式のレポート記事や、投票した会員の全選評も掲載されています。私も今回、小説部門と評論・研究部門の両部門に投票しており、選評が掲載されております。こちらも興味のある方はぜひ。

 

*1:生ける屍の死』光文社文庫版巻末の未収録作品リストに、デビュー前に書かれた作品リストはすべて載せていますので、詳しくはそちらをご参照ください

『生ける屍の死』(光文社文庫版)のリマスター作業について

プロジェクトがスタートするまで

山口雅也さんの『生ける屍の死』及び〈キッド・ピストルズ〉シリーズを同一レーベルから文庫で刊行するというアイデアが最初に出たのは、2017年12月27日のことだった。

山口さんに私の考えを伝えた後、光文社文庫さんにすぐに連絡をとり、その日の内にほぼ決まり、年明けに話し合うことになった。

12月28日の午前2時近くに私はこんなツイートをしているが、これはそのことをほのめかしている。

 山口さんのことをブライアン・ウィルソンに、『生ける屍の死』と〈キッド・ピストルズ〉シリーズを『SMiLE』に、そして私自身をダリアン・サハナジャに見立てたジョークである。*1

 

Smile

Smile

 

 

年明け直後、東京創元社さん、講談社さん、そして宝島社さんに連絡をとり、契約書を交わしていった。そして、1月23日に、次いで1月31日に光文社さんと打ち合わせをし、正式にプロジェクトにゴーサインが出た。

 

当時作った企画書を見ると、当初から『屍』に関しては分冊化が考えられていたようだ。
また、表紙については当初は漫画家を想定していたことがわかる(今回、記事をアップするにあたって、名前は伏せた)。「今の時代にも対応したデザイン」「若い読者への訴求力」という言葉もここでは出ている。

 

 

表紙について

今回、表紙がやはり話題になっているようだが。

表紙については山口さんと何度も電話で話し合ったのだが、当初は画家のルネ・マグリットフランシス・ベーコンの名前も出ていた。私からはカメラマンのテッド・クローナ*2やブルース・デヴィッドソン*3ロバート・フランク*4の名前も挙げた。

マグリットは旧版(創元推理文庫版)で使っていたためボツとなったが、そこで出たアイデアのひとつにマグリット「恋人たち」があった。私がミーティング中にたまたま聴いていたのがパンチ・ブラザーズの『燐光ブルース』だったから、という裏話もあるが、布袋を被っている男女というモチーフ、つまり生きているのか死んでいるのかわからない人物たちというモチーフは、表紙のデザインにひとつの方向性を与えることになった。

 

燐光ブルース <SHM-CD>

燐光ブルース

 

 


Punch Brothers - "My Oh My"

 

最終的に、表紙のイラストは、『狩場最悪の航海記』や『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ 』で山口さんと過去に組んでいる磯良一さんにお願いすることになったのだが、その際に「恋人たち」のように会葬者に布袋を被せてほしいというリクエストを磯さんにはしている。

 

狩場最悪の航海記 (文春文庫)

狩場最悪の航海記 (文春文庫)

 

 

 

落語魅捨理全集 坊主の愉しみ

落語魅捨理全集 坊主の愉しみ

 

 

本文について

上下巻に収録されたインタビューを収録したのは、2月末。解説も3月半ばに書き上がった。

 

本文のゲラは旧版をもとに作成し、私のもとに上がってきたのは4月に入ってから。スケジュールの都合で2日で山口さんにパスする必要があったため、ざっと素読みをして、内容について疑問点を赤字で入れた。たとえば旧版には、キャラクターの名前に1箇所誤りがあり、今では別の意味に取られかねず読者を誤導しかねない記述があったのだ。

 

山口さんにゲラを送ると、山口さんからいくつか電話で問い合わせがあった。その中で漢字表記の統一について問われたので、調べてみると、旧版では表記の統一が不十分であることがわかった。そこで、私の方で再度、PDF形式のゲラを使って、表記について洗い直すことにした。

たとえば、「縮みあがる」「震えあがる」など気持ちに関わるものは今回「あがる」で統一し、「仕立て上げる」などの物理的に上げるものは「上げる」に統一しているのだが、これを徹底するため、PDF内で「あが」「あげ」「上」で検索をかけ、一個一個潰していったのだ。つまり、レコードのリマスター作業でいうところの、「ノイズ除去」の作業をデジタル(PDF)で進めたのである。

 

そうやって進めていく中で、山口さんからエピグラフ、推理パートについても大幅に書き直ししたいという申し出があった。これはすごいものになるなと、そのとき予感した。

 

巻末付録など

ところで。未収録作品リストについても話題になっていたが、これは山口さんから大体のリストを送ってもらい、それをもとに私が国会図書館や古本屋を周り、実物にあたって作成したものだ。
特に苦労したのは、「CLIP」と「月刊PLAYBOY」。

「CLIP」は古本屋にもなかなか出回っておらず、国会図書館と神保町の古本屋でも1冊分見つからなかったほどだ。「月刊PLAYBOY」は山口さんが〈PB探偵局〉の連載を持っていた頃は堀江しのぶ岡田有希子のグラビアが掲載されているせいか、どれも入手困難であった。

細野晴臣のEP盤「Making of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC」についても最初は中身がわからず、リストに入れるかどうかも迷ったのだが、音楽ライターの田中雄二さんに問い合わせたところ、EP盤を所有していたため、中身を確認してもらった上で掲載した。田中さんにはこの場を借りてお礼を言いたい。*5

 

 


Haruomi Hosono - Making Of Non-Standard Music (Full album)

 

 

AKB48とニッポンのロック ~秋元康アイドルビジネス論

AKB48とニッポンのロック ~秋元康アイドルビジネス論

 

  

なお、終盤で、旧版に掲載された霊園の地図が誤っていることが発覚したのだが。その時はさすがに焦った。そこで、本文を読み込んだ上でラフを私と妻とで作成し、それをもとに図版の担当者に作図してもらった。

 

カバー周りについて

帯の文句については面白い話があって。表4側の「甦るのは死者だけじゃない――」は妻が考案したものをそのまま採用した。

 

なお、帯の背の部分は、上巻が「死を想え。」、下巻が「怒涛の展開・驚愕の結末!」となっているが、元々私は上巻を「パンク探偵、最終章。」、下巻を「生ける屍、最後のケジメ。」にしようと考えていた。「龍が如く6」に倣ったもので、なかなか洒落ているなと思ったが、山口さんにダメ出しされた次第である。

 

ryu-ga-gotoku.com

龍が如く6 命の詩。攻略指南ノ書

龍が如く6 命の詩。攻略指南ノ書

 

 

さいごに

企画が立ち上がってから半年ほどでようやく出版にこぎつけた『生ける屍の死』決定版だが、とりあえずなんとか形になってホッとしているところである。〈キッド・ピストルズ〉シリーズが無事に刊行されることを祈るばかりである。

 

 

生ける屍の死(上)

生ける屍の死(上)

 

 

生ける屍の死(下) (光文社文庫)

生ける屍の死(下) (光文社文庫)

 

 

*1:ブライアン・ウィルソン『SMiLE』については以前、拙ブログで触れているので、詳しくはこちらを参照。なお、偶然ではあるが、今回の光文社文庫版に収録したインタビューで、スマイル霊園のマークがビーチ・ボーイズのお蔵入りされたアルバム『スマイル』に着想を得ていることを知って驚いた。こういう偶然の積み重ねが山口さんとのやりとりでは非常に多い。ジャケット写真を見ていただくとわかるだろうが、屋根のところに唇のマークがある。これがスマイル霊園のマークに“サンプリング”されているわけである。

 

スマイル(デラックス・エディション)

スマイル(デラックス・エディション)

 

 

*2:ボブ・ディラン『モダン・タイムス』のジャケット写真に採用された「タクシー、夜のニューヨーク」が有名。

 

モダン・タイムズ(紙ジャケット仕様)

モダン・タイムズ(紙ジャケット仕様)

 

 

*3:ボブ・ディラン『トゥゲザー・スルー・ライフ』のジャケットに使われた写真が掲載された写真集『Brooklyn Gang』が有名

 

トゥゲザー・スルー・ライフ

トゥゲザー・スルー・ライフ

 

 

*4:ローリング・ストーンズ『メインストリートのならず者』のジャケットに使われた写真が有名。ストーンズのツアーの様子を撮影した映画『コックサッカー・ブルース』の監督としても知られる。

 

メイン・ストリートのならず者

メイン・ストリートのならず者

 

 

*5:細野さんのEP盤「Making of NON-STANDARD MUSIC」に付属された「GLOBULE」だが、執筆者の中には「ゼビウス」の産みの親として知られる遠藤雅伸がいる。ここで思い出されるのは、細野が1984年に出演したナムコのCM。「ゼビウス」や「マッピー」が紹介されるのだが、その時にバックでかかっている曲が、まさに「Making of NON-STANDARD MUSIC」である。


CM Namco ナムコ 1984年 Famicom (NES) - Hosono Haruomi 80's

なお、お気づきの方は多いと思うが、この曲のメロディの一部は、後にスケッチショウ「Turn Turn」で再利用されている。

『ベスト本格ミステリ2018』のお手伝いをしました

『ベスト本格ミステリ2018』(講談社ノベルス本格ミステリ作家クラブ選・編)が6月8日に発売になります。

 

  

 

掲載作品は以下。


[小説]

【評論】

 

2017年に発表された文芸誌や短編集の中から、作家=鳥飼否宇、評論家=福井健太、編集者=遊井かなめの三名で議論を重ね、十一編の小説を選定したアンソロジーです。『ベスト本格ミステリ』とタイトルにあるように、収録された作品はすべてが珠玉の本格ミステリ本格ミステリ作家クラブが自信を持ってお届けする、本格ミステリを愛好するあなたのための、そして短編小説を愛するあなたのための作品集です。

 

私は全作品の解説を担当しております。*1

 

ああ、そうそう。
今回の解説では、やっておきたいなと以前から考えていたことをやりました。

 

今回の解説では、掲載誌は何か、掲載誌のこういう企画で載ったものだ、というのを明らかにしました。企画の発案者が誰であるかもわかっていれば、それも併せて書きました。雑誌での並び、編集者がその小説をどういう意図で載せようとしたのか。こういうことが解説では蔑ろにされがちなのが、小説好きというよりは雑誌好きな私としては、前から気になっていたのです。
たとえば今回のアンソロジーだと、東川篤哉さんの「カープレッドよりも真っ赤な嘘 」という作品が収録されていますが、この作品が何の解説もナシに載ると、「野球好きな作者による野球あるあるを利用したミステリ」ぐらいの認識で終わりかねないと思うのです。しかし、〈「ジェイ・ノベル」二〇一七年三月号の「球春到来! 『野球』を読む」特集に掲載された〉という一文があれば、この小説が書かれた背景もある程度はわかるのではないでしょうか。それにミステリ雑誌自体にも興味を持ってもらえるかもしれません……なんてことを考えて書いてみました。
 
作家クラブ選・編の本における解説としては、自分というものを出しすぎな気もしたのですが、ずっともやもやしていたことでもあったので、今回は自分を前に出して仕事しました。

 

何はともあれ、ミステリが好きな方、短編小説が好きな方に、ぴったりのアンソロジーだと思いますので、ご興味のある方はぜひ。

*1:実は昨年から選定に関わっておりました

山口雅也さんの『生ける屍の死』のお手伝いをしました

山口雅也さんが1989年に発表した、日本ミステリ史に燦然と輝く傑作『生ける屍の死』が光文社文庫から再登場することになりました。

 

生ける屍の死(上)

生ける屍の死(上)

 

  

生ける屍の死(下)

生ける屍の死(下)

 

 

今回は単なる再文庫化ではありません。
ほぼ全ページにおいて改稿がなされています。細かい修正に留まらず、エピグラフの変更、地図のリデザイン、推理パート自体のブラッシュアップ(!)など、本当に大きく変わっております。

 

発売日は上下巻とも6月12日。価格はともに780円です(本体価格)。

 

遊井は今回の企画にはプロデューサー的な立場で関わっております。
企画・編集をはじめ、解説、インタビューの構成、山口さんの作品リストの作成まで、いろいろやっています。
なお、解説は、キース・リチャーズと絡めて書いております。ストーンズ・ファンの方はそんな点でも楽しめるかも?

 

詳しくはこちらをご覧いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

bizarre-bros-band.hatenablog.com

 

 

『生ける屍の死』とは

アメリカはニューイングランド地方の田舎町、トゥームズヴィル。同地で霊園を経営するバーリイコーン一族では、家長のスマイリーが病床に臥しており、その遺産を巡って家中にただならぬ雰囲気が漂っていた。一方その頃、アメリカの各地で、不可解な死者の甦り現象が起きていたのだが――

 

山口雅也が1989年に発表したデビュー長編。
死者が甦る特殊状況で巻き起こる殺人事件と本格推理という、従来のミステリの常識ではありえない特異な筋立てが話題なった、その後陸続と生まれる、いわゆる“特殊設定ミステリ”に先鞭をつけた作品であり、現在のミステリ・シーンに多大なる影響を与えた。
このミステリーがすごい! 98年版」の〈10年間のミステリーベスト10〉国内編で第1位に輝くなど、エヴァーグリーンな傑作として今日も読まれ続けている。

2018年上半期のアルバム私的Best10

5月も終わったので、とりあえず2017年12月~2018年5月の間にリリースされたアルバムから、独断と偏見で上半期のベスト10を挙げておきます。

 

なお、私のBest10遊びは、1996年に地元のレコード屋さんからの依頼で、同店舗が発行していたフリーペーパーに寄稿したものから始まっておりまして、それからなんだかんだで続けております。

 

なお、私のBest10遊びは、1996年に地元のレコード屋さんからの依頼で、同店舗が発行していたフリーペーパーに寄稿したものから始まっておりまして、それからなんだかんだで続けております。

 

とはいえど、今では備忘録替わりに付けているような感じで、「ああ、あんなレコード買ったなあ」と思い出すためにやっています。

 

とりあえず、昨年のランキングはこちら。

ue-kaname.hateblo.jp

 

最後に。コメントは覚え書き程度のものなので、お手柔らかにお願いします。

 

洋楽新譜部門
ザ・プロディガル・サン

ザ・プロディガル・サン

 

 

1位 ライ・クーダー『Prodigal Son』
2位 アンプ・フィドラー『amp dog nights』
3位 ジョン・オーツ『Arkansas』
4位 ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー『Honey Don't Leave LA』
5位 スティルス&コリンズ『Everybody Knows』
6位 ヴァン・モリソンジョーイ・デフランセスコ『You're driving me crazy』
7位 ウォルター“ウルフマン”ワシントン『My Future Is My Past』
8位 OSTリメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック』
8位 ニール・ヤング+プロミス・オブ・ザ・リアル 『The Visitor』
10位 バーズ・オブ・シカゴ『Love in Wartime』
次点 チャーリー・クロケット『Lonesome As A Shadow』
次点 リタ・クーリッジ『Safe in the Arms of Time』

 

1位のライ・クーダーの新譜は、要は音楽好きが頭に思い浮かべるであろう「ライ・クーダー的なもの」「ライ・クーダー的なフレーズ」「ライ・クーダー的なスライド・ギター」に満ちあふれている1枚。ブラインド・ウィリー・ジョンソン曲がとにかく凄い。ゴスペル感覚をより高みで掴んでると思う。

 


Ry Cooder - The Prodigal Son (Live in studio)

 

2位のドス黒さにはとにかくシビレた。


Amp Fiddler - Return Of The Ghetto Fly ft. J Dilla, T3 & Neco Redd

 

3位、4位、5位、10位、次点の2枚とか、こういうグッドタイミーな感じには本当に癒やされる。


John Oates with The Good Road Band - "Arkansas" Official Video

 


Birds of Chicago: SuperLover (OFFICIAL VIDEO)

 


Rita Coolidge (ft. Keb' Mo') - Walking On Water (OFFICIAL VIDEO)

 

ウォルター・ウルフマン・ワシントンのアルバムはその歌にとにかくシビレた。


Walter Wolfman Washington - "Are You The Lady" (Full Album Stream)

 

リメンバー・ミー』のサントラはメキシコ音楽とアメリカ音楽の関係性とかを考えると、推しておきたいところ。


Miguel - Remember Me (Dúo) (From "Coco"/Official Video) ft. Natalia Lafourcade

 

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック

 

 

洋楽再発・発掘部門
オン・エア(2CDデラックス)

オン・エア(2CDデラックス)

 

 

1位 ローリング・ストーンズ『On Air
2位 ジミ・ヘンドリクス『Both Sides Of The Sky』
3位 シカゴ『VI Decades Live』
4位 キャンディ・オペラ『45 Revolutions Per Minute』
5位 ローラ・ニーロ『More Than A New Discovery』
6位 The Who『Live At The Fillmore』
7位 VA『Planet Mod : Brit Soul, R&B And Freakbeat From The Shel Talmy Vaults』
8位 ニール・ヤング『ROXY~Tonights The Night』
9位 グラント・グリーン『Slick! - Live At Oil Can Harry's』
10位 ジャッキー・デシャノン『Stone Cold Soul~The Complete Capitol Recordings』
次点 VA『My World of Make Believe』
次点 VA『Jon Savage's 1966 : The Year The Sixties Ignited』

 

1位は文句なし。シカゴの3位やニール・ヤングの8位はブートでお馴染みの音源も多かったが、出たことを評価したい。


The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction' (Saturday Club, 18th September 1965)

 

4位はキャンディ・オペラを押すという意志を評価。5位はモノ/ステレオが並んでいることを評価。
Aceのオムニバス盤では、7位のシェル・タルミーものが企画として面白かった。ジョン・サヴェイジの著書に連動した『Jon Savage's 1966』もAceらしい企画。
史料的価値の高い10位など、Real Gone Musicのカタログの充実ぶりには目を見張るものがある。

 

邦楽部門
デザインあ2

デザインあ2

 

 

1位 コーネリアスデザインあ2』
2位 ゴンノ&マスムラ 『In Circles』
3位 民謡クルセイダーズ『エコーズ・オブ・ジャパン』
4位 CERO『POLY LIFE MULTI SOUL』
5位 佐野元春『THE BARN DELUXE EDITION』
6位 佐野元春『自由の岸辺』
7位 ニール&イライザ『Timeless Melodies』
8位 シリア・ポール『夢で逢えたら
9位 サニーデイ・サービスPopcorn Ballads』
10位 田中フミヤ『Beautiful Days』
次点 小沢健二アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」
次点 Magic, Drums & Love「恋はパラディソ/一生解けない魔法とは。」

 

1位は“音”というか、人の声の使われ方が好奇心をくすぐるというか。聴いていて、適度に緊張できるのが素晴らしい。

 2位は元・森は生きているの増村和彦のドラムとエレクトロの調和というか共存というか衝突と即興がとにかく楽しい。

3位は2018年度のトレンド。


民謡クルセイダーズ『エコーズ・オブ・ジャパン』ティーザー

 

5位と8位は史料的な価値を評価。6位は佐野元春の現役感にグッときた。
小沢くんの「アルペジオ」は良い曲なんだけど、あの会話部分に萎えた口。「それはちょっと」と思ってしまった。

 

なお、4月以降ずっと聴いていて、毎日聴いているのは、ディズニーリゾート35周年記念ソングの「Brand New Day」。このCMで流れてるやつですよね。

 


【公式】まいにちが、祝祭だ。東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!” | TokyoDisneyResort

 

いやぁ、感動しますわ。同曲が収録されているボックスも良かったですよ。ショーの音楽とかてんこ盛りでディズニーファンとしては最高でしたわ。