「ファー・アウェイ・アイズ」はまだ聴こえているか?

Subculture-Other

“青春小説”としての再定義/青春小説の再定義~萩原健太『アメリカン・グラフィティから始まった』を読んで

萩原健太さんの『アメリカン・グラフィティから始まった』(ele-king books)を読了した。 アメリカン・グラフィティから始まった (ele-king books) 作者: 萩原健太 出版社/メーカー: Pヴァイン 発売日: 2016/12/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを…

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』を読んだ

ロマン優光さんの『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』を読んだ。以下、簡単な感想。 間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書) 作者: ロマン優光 出版社/メーカー: コアマガジン 発売日:…

「龍が如く0」から見る80年代ポップカルチャー史~あるいは、90年代と「ゴーマニズム宣言」について

随分出遅れてしまったが、「龍が如く0」に最近ハマっている。 龍が如く0 誓いの場所 出版社/メーカー: セガゲームス 発売日: 2015/03/12 メディア: Video Game この商品を含むブログ (13件) を見る 「龍が如く0」は1988年を舞台とする。だが、そこでパロディ…

植草甚一展雑感

ちょっと一段落ついたので、4月30日に世田谷文学館で行われている植草甚一展に行ってきた。 芦花公園駅から世田谷文学館までの道中にある商店街に植草甚一展のポスターが貼られており、まず嬉しくなったわけだが。なにせ、もう駅の構内からしてこんな感じ。…