システムは愛によって破壊される~映画『マレフィセント』を観て

※以下の文章では映画『マレフィセント』の内容に触れています。

 

 

マレフィセント』はディズニーの実写映画であり、ディズニーの名作映画『眠れる森の美女』を再構築した作品である。

 

本作の主人公は、眠れる森の美女=オーロラ姫ではなく、彼女に眠り続ける呪いをかけた魔女=マレフィセント

『眠れる森の美女』では、オーロラ姫の生誕パーティーに呼ばれなかったことに腹を立てたマレフィセントがオーロラ姫に呪いをかけるところから物語は始まる。

一方で『マレフィセント』では、恋心を抱いた相手に裏切られ絶望した妖精の少女が魔女になる過程から物語は始まる。魔女となったマレフィセントは、権力欲に取り憑かれるあまり彼女のことを裏切った男性=王様に対する怒りから、彼の娘、すなわちオーロラ姫に呪いをかけてしまう。オーロラは16歳の誕生日の日没までに糸車に指を刺され死の眠りにつく、と。

 

『眠れる森の美女』では、マレフィセントがオーロラに呪いをかけた直後に別の妖精が現れて、「真実の愛によるキスがもたらされればオーロラは救われる」と、呪いに上書きを行う。
だが、『マレフィセント』では、かつての想い人に懇願された結果、マレフィセント自身が呪いの上書きを行う。マレフィセントは真実の愛などないと思っているから、愛を踏みにじられてしまったから(しかも懇願している男本人に!)、上書きを行えたのである。真実の愛などないという絶望ゆえの嘲笑が、そこには込められている。

 

やがて、オーロラ姫は三人の妖精により、森の外で16歳まで育てられる。
『眠れる森の美女』では、妖精がオーロラを育てるまで、そして運命の王子様に出会うまでが、ここからミュージカル仕立てで平和に描かれる。
だが、『マレフィセント』では、子育てに不慣れな妖精を見るに見かねて、マレフィセントがこっそりとオーロラを見守る様が描かれる。はじめこそ、オーロラの監視が主目的であったマレフィセントだが、やがてオーロラのことが愛おしくなり、呪いをかけてしまったことを後悔する。そして、マレフィセントはオーロラに運命の王子をあてがおうと奮闘を始め、半ば強引にひとりの男性との“運命の出逢い”を演出する。
 
16歳になったオーロラは呪いに倒れる。
『眠れる森の美女』では、運命の王子様のキスによりオーロラの呪いはとけ、マレフィセントも王子によって倒される。
だが、『マレフィセント』では、王子のキスではオーロラの呪いはとけず、マレフィセントのキスにより呪いが解かれることになる。オーロラに生きていてほしいと真剣に願うマレフィセントの切実な想いこそが真実の愛であったという結末である。その後、マレフィセントは王の罠にかかり命を落としかけるのだが、オーロラがマレフィセントを救済し、マレフィセントは王を倒すのであった。


マレフィセント』は、〈王子様がお姫様に出会って救う〉というお伽話のシステムを否定している。真実の愛を〈王子様〉がもたらすことができない物語である。つまり、半年前に公開された『アナと雪の女王』と同じテーマを扱っているわけだが、この2作がディズニーに作られたということがまず恐ろしい。

 

また、ディズニーでは、〈親の死〉、〈親の退場〉がよく描かれ、親の不在という状況下でいかに主人公が成長するかが描かれるわけだが、*1マレフィセント』では親殺しにオーロラが加担するというストーリーになっており、この物語をディズニーが採用したというのも非常に衝撃的だ。

 

お伽話のお約束ごとの破壊といえば、〈魔法少女もの〉というファンタジーのシステムを破壊した『魔法少女まどか☆マギカ』があるが、私は『マレフィセント』や『アナ雪』の方により強く衝撃を受けた。後者2作は作家性(この場合は、ディズニーにある伝統的な思想)そのものを見つめなおすという行為を経ているから、おそらく私は衝撃を強く受けたのだろう。
 
まどマギ』から数年もたち、ようやく冷静になれた今の目で見れば、私は『まどマギ』をそこまで高く評価はしない(個人の感想です)。 
それは、「まどマギ」の〈システムによって絶望した少女が、システムを逆手にとって世界を変革した物語〉というのが、非常に小手先の物語にしか思えないからだ。
だが、『マレフィセント』では、愛に絶望した少女が魔女化して呪いのシステムを作り上げたものの、そのシステムを自身の愛によって変革するという物語になっており、愛というものへの讃歌、つまり本質的なディズニーのお伽話に結果として物語がなっていた。小手先ではない、信念の感じられる物語作りであり、私はただただ感服するしかなかったのだ。 
 
「日本のアニメは複雑だ。ディズニーは単純だ」
そういう論調の文章は、90年代のサブカル解説でわりかしよく見られたものだし*2、はたしてそうだろうかと。むしろ、ディズニーは日本の先にあるということを認識した方がよいのではないか。……そのように考えた次第である。 

*1:そういった意味で、子どもの不在という状況下で親としての成長を描いた『ファインディング・ニモ』は異質も異質だった

*2:さらにいえば、いわゆるゼロ年代批評はディズニーを無視し、オタク文化だけを語ることに力を注いできた