読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリックの対費用効果――吉田恭教さんの『背律』を読んで

使い古されたトリックというものは、やはり存在する。

針と糸を用いたもの、死者との入れ替わり……などなど。では、そういった手垢にまみれた、古風なトリックは今では通用しないのか。仮に今使うならば、どのように使うべきなのか。

――吉田恭教の『背律』は、そういった問題へのよき回答となるだろう。

 

医療サスペンスと本格ミステリの融合とは 
背律

背律

 

 

マンションの一室で男は血塗れで死んでいた。死亡推定時刻に現場を訪れていたのはいずれも同じ病院の医師たち。
一方、厚労省の医療事故調査チームも手術ミスの報告を受けてその病院を調べていた。
医療サスペンスと本格ミステリーが鮮やかに融合する!
(『背律』あらすじより)


『背律』は、マンションの一室(=密室)で起こった殺人事件を巡るミステリである。
やがて、ある医療事故との間に接点が見つかり、殺人事件の捜査と医療事故の調査とが交差融合しながら進んでいく。

 

二つのストーリーが物語が進むにつれて叙々にリンクしていくという形式は、吉田のデビュー作『変若水』でも既に行われたいた。

今回は、二つのストーリーが元々かなり近いところにあるため、リンクしていく快感のようなものはそこまで得られない。だが、本格ミステリと医療サスペンスのリンクする様は『変若水』よりも優れている。

ある医療問題をどう考えるか――医者たちの問題認識(=医療サスペンスの領域にあるもの)を手がかりに、事件の真相に推理(=本格ミステリの領域にあるもの)で迫っていく様が、この作品の優れたところとして挙げられるだろう。

 

強烈なフックを持つ謎と、読者を震え上がらせるような真相と

しかし、この作品が強烈な魅力を発するのは、ALS筋萎縮性側索硬化症)を発症した男による怨嗟の“声”が冒頭で描かれるからこそである。

病状の進行により、声を発することもかなわなくなり、手足や瞼も動かせなくなった男は、自身の想いをある手段によって伝えようとする。

そうだ。一つだけ、こっちの怒りを伝える方法がある。神はまだ私を見捨てていなかった。

はたして、その手段とは何か? 

 

――実にフックのある問いかけである。

物語の中では、この謎が検討されることはない。終盤になって、その手段が明らかとなるのだが、それは震え上がるような、そして人間の強さ――いや、この場合は人間の怨みが見せる駆動力――を感じさせられるようなものだ。

 

強烈なフックを持つ謎と、読む者を震え上がらせるような真相と。それぞれ冒頭と終盤に配置されたこれら二つの要素が、『背律』の小説としての面白さ、作品にある瘴気のようなものを形成している。

 

使い古された謎はなぜ用いられたか

ところで、『背律』には二つの密室殺人が登場する。

そして二つ目の密室殺人事件に用いられているトリックというのが、今回のエントリ記事の冒頭で書いたような、使い古されたトリックなのである。

実際、この点については作者自身も作中で「今では推理小説でも使われなくなった」と認めてはいる。それでも使われたのはなぜだろうか。

 

まず、この犯人は巧妙ではない。従って、使い古されたようなトリックに行き着いてしまうのも、致し方ない。これが理由としてはあるだろう。

 

だが、このトリックが仕掛けられた真意は、おそらく、冒頭で怨嗟の“声”をあげた男と対比させるため、であろう。死に行き着くまで辿る過程が、二つの死では近似しているのである。

だからこそ、犯人がそのトリックを採用したこと、それ自体が恐ろしいのである。『背律』の瘴気は、ここにもある。

確かに使い古されたトリックではあるが、それだけに非常にわかりやすい。イメージとして共有しやすい。だからこそ、犯人がそのトリックを採用した動機まで、こちらは容易に読み取れるのである。ゆえに、読者である私たちは、その動機に震え上がるのである。

そう考えると、第二の密室殺人事件で採用されたトリックの対費用効果はかなりのものだ。物理トリックとして劇中で人の命を奪い、心理トリックとして読者の肝を冷やすのだから。


『背律』に吉田恭教が込めた瘴気を皆さんにもぜひ感じ取っていただき、そして震え上がっていただければと願うばかりである。