『ファインディング・ドリー』における手がかりの扱い方と、託されたポジティヴなメッセージについて

ピクサー・アニメーション・スタジオが制作し、この夏に公開された映画『ファインディング・ドリー』は、2003年に公開された『ファインディング・ニモ』の続編である。

 


「ファインディング・ドリー MovieNEX」予告編


監督は前作に続き、アンドリュー・スタントン。スタントンは『バグズ・ライフ』や『ウォーリー』の監督としても知られる。

 

おさらい~『ファインディング・ニモ』のあらすじ

 

 

前作『ファインディング・ニモ』は、オーストラリアのサンゴ礁地帯グレートバリアリーフに住んでいるカクレクマノミのマーリンが、人間に捕らわれてしまった息子ニモを、ナンヨウハギのドリーとともにシドニーまで探しにいくという物語であった。

 

心配性のマーリンと、何でもすぐに忘れてしまう健忘症のドリーというまったく噛み合いそうにない二人がコンビを組んで、ドタバタ劇を繰り返しながら困難に立ち向かう様が物語を駆動させる。その一方で、それまでは過保護気味に育てられてきたニモの成長の物語も同時進行で描かれる。

 

マーリン&ドリーの無謀でハチャメチャな冒険と、ニモの勇敢な冒険は最後に一つに交わり、マーリンとニモは〈守る/守られる〉関係から先に進んだ〈信頼しあう〉親子関係を構築するに至る。
ファインディング・ニモ』はすぐれた冒険活劇であると同時に、すぐれたバディものでもあり、一組の親子の成長の物語なのである。

 

 

ファインディング・ドリー』のあらすじ(ネタバレなし)

さて、続編の『ファインディング・ドリー』は、ドリーを主人公とする冒険活劇である。

 

冒頭で、ドリーの幼年期が描かれる。ドリーは幼い頃から物忘れが激しく、両親は暖かく、根気強くそんな彼女を見守っている。しかし、ある日、ドリーは両親とはぐれてしまう。迷子になった彼女は、物忘れの激しさゆえに誰からもまともに相手にされず、やがて両親とはぐれてしまったこと、両親を探していることすら忘れてしまう。そんな折、独りぼっちで海を漂っていたドリーはマーリンと知り合う。……つまり、『ニモ』の前日譚が冒頭でまず描かれるのである。

 

大冒険の後、マーリン、ニモ、ドリーの3匹は家族のようにして暮らしていた。そして、ある日。ドリーは突然、自分が両親を探していたことを思い出す。フラッシュバックする記憶、そして唯一覚えていた言葉「カリフォルニアモロ・ベイの宝石」を手がかりに、ドリーはマーリンとニモとともに両親探しの旅に出る。

 

『ニモ』にも登場したウミガメのクラッシュ*1とともにグレートバリアリーフからカリフォルニア州モロ・ベイへ向かう三匹。

 

しかし、モロベイに到着後、早速マーリンとドリーは一悶着。そうこうする内に、ドリーは「助けて、治して、海にかえす」をモットーとする海洋生物研究所の職員に保護され、研究所に連れて行かれてしまう*2。ドリーはタコのハンク*3や、ジンベエザメのデスティニー、シロイルカのベイリー*4と出会ううち、どうやら両親が研究所内にいるのではないかと推察。ハンクたちと協力して、両親のもとを目指す。

 

一方でマーリンとニモの親子はドリーを救出すべく、海洋生物研究所に潜入するのであった……

 

ファインディング・ドリー』に込められたポジティヴなメッセージ

前作ほどの大冒険はないが、人間の世界を舞台にした冒険活劇にはハラハラ・ドキドキさせられるし、ギャグも効いているし、〈忘れられないもの〉と〈家族愛〉をテーマにした物語も泣ける。そう、ピクサー印のウェルメイドな映画だ。


映像もいい。『ニモ』よりも格段に進化した水の表現、水に差し込む光の表現には驚くこと間違いなしだ。また、前作では技術的な問題でできなかったであろうエイの大群の遊泳シーンには、日本とアメリカの差をまざまざと感じさせられる。
エンタメ作品としてとにかく隙のない映画なのだ。

 

さて、そんな『ファインディング・ドリー』にはあるポジティヴなメッセージが込められている。それは何かというのがこのエントリの第一のテーマだ。

 

今回主な舞台となる海洋生物研究所のモットーは「助けて、治して、海にかえす」。つまり、海洋生物たちにとっては病院としての機能を果たす施設である。

 

実際、ドリーたちの冒険を手助けする仲間は、足が七本しかないハンク、近視ですぐ壁にぶつかってしまうデスティニー、頭の怪我により超音波の反響による探知法を行えなくなったベイリーと、障がいを持ったキャラクターばかりである。そもそも、ドリー自体も記憶に障がいを抱えている。つまり、『ファインディング・ドリー』という映画はハンディキャップを抱えたキャラクターたちによる冒険譚なのである。*5

 

ハンディを負っていても、別の能力で人生を乗り切ろうとする者。能力を取り戻す者。
障がいを抱えたキャラクターたちはそれぞれの方法で道を切り開いていく。しかし、この映画は「ハンディをものともせず努力しろ」と主張しているのではない。障がいは個性であり、道を切り開くこともある。そのように主張するのである。

 

ドリーはすぐに忘れてしまうがゆえに、じっくり考えることができない。だから、その場の思いつきですぐに行動に出てしまう。ドリーはそのやり方で道を切り開いてきたし、この映画の中でも道を切り開くのである。

 

「人生でいちばん素敵なことは偶然起こるのよ」とはドリーの弁だが、フラッシュ・アイデアだけで生き抜いてこなければならなかったドリーらしい素敵な人生哲学である。

 

ハンディを克服する、乗り越えるのではなく、ハンディとうまく付き合い、長所とする。
ファインディング・ドリー』に込められたメッセージ、障がい者へのエールはポジティヴだ。*6

 

 

ファインディング・ドリー』における手がかりの扱い方

さて。『ファインディング・ドリー』にはミステリ読みとして感心させられたことがある。それは手がかりの扱い方である。

 

やや強引ではあるが、本作はドリーを探偵役とするミステリだと見做すことができる。
謎はもちろん〈両親はどこにいるのか〉である。

 

ドリーの前には様々な手がかりが現れる。ドリーはそれを元に両親について思い出す。
だが、ドリーは両親に出逢えない。なぜなら、それらの手がかりは全て、過去を指し示すものだからだ。ドリーは手がかりをもとに、過去を思い出しているに過ぎない。

 

しかし、終盤、ドリーの前にある手がかりXが現れる。そして、それはドリーにだけ向けて用意された手がかりであり、探偵が読み取ることを信じて仕掛けられた手がかりである。
ドリーは期待された通りに読み取る。そのハンディゆえ、推理することが苦手なはずのドリーがなぜ読み取れたのか。
それは、その前に彼女が手がかりYをもとに過去を偶然思い出していたからだ。もし、思い出していなければ、おそらく彼女は読み取れなかったであろう。

 

数回現れる手がかりYは意図されず残された手がかりであり、手がかりXは意図されて残された手がかりである。
手がかりYがドリーの前に現れたのは、手がかりXをドリーが読み取るというシナリオが不自然にならないようにするため……というのがまずはあるだろう。シナリオ上の都合だ。
だが、一番の理由は、手がかりYを事前に視聴者に何度も見せることで、手がかりXが画面に現れた時のインパクトを大きくするため、であろう。手がかりXがスクリーンに映しだされた瞬間、私たちはその意味を、そこに込められた想いを、その執念を理解する。そして、心を強くノックされるのだ。手がかりの扱い方で、私たちの心を大きくゆさぶるのだ。

 

ディズニー/ピクサーには忘れられない名シーンがいくつもある。
たとえば『美女と野獣』でのアニメ史に残るダンス・シーン。
たとえば『塔の上のラプンツェル』でのラプンツェルとフリンが「輝く未来」が流れる中、見つめ合うシーン。
たとえば『トイ・ストーリー』におけるバズとウッディの飛行シーン。
だが、ワンカット、ほんの数秒であそこまで雄弁に物語を語ったシーンはそんなに記憶にない。まぎれもない名シーンだと思う。
そして、あのワンカットがあるからこそ『ファインディング・ドリー』は名作にとどまらない傑作になりえるのである。

 

 

さいごに~Unfogettable

最後に歌われるのは、ポピュラーのスタンダード「アンフォゲッタブル」。*7
ナット・キング・コールの歌唱で知られる同曲だが*8、本国ではシーア、日本では八代亜紀が歌う。

 




八代亜紀、英語でジャズを歌ってもすごかった!/『ファインディング・ドリー』イベント

 

アンフォゲッタブル」の歌詞はこうだ。

 

Unforgettable
That's what you are
Unforgettable
Tho' near or far
Like a song of love that clings to me
How the thought of you does things to me
Never before has someone been more
Unforgettable in every way
And forever more, that's how you'll stay
That's why darling it's incredible
That someone so unforgettable
Thinks that I am unforgettable too

 

冒頭、“Unforgettable”、つまり忘れられない人はあなたのことだと歌いだされる。
しかし、最後にこの歌はこう締めくくられる。
私もあなたにとって“Unforgettable”になれますように、と。

 

すぐに忘れる魚・ドリーを主人公とした、忘れられない想いを描いた『ファインディング・ドリー』にぴったりな曲だと思う。

*1:東京ディズニーシーにも存在する参加型アトラクション「タートル・トーク」のホスト的存在がこのクラッシュである。なお、同アトラクションには途中でドリーが登場し、得意のクジラ語を披露する。「お前たち、最高だぜー」「おー!」

www.tokyodisneyresort.jp

*2:なお、研究所のとある場所に前作に登場したダーラの写真が飾られているので、ファンは要チェック!

*3:日本語吹き替え版でニヒルなハンクを演じるのは上川隆也だ。名演!

*4:日本語吹き替えを担当するのはディズニー映画では常連といってよい多田野曜平。なお、多田野曜平は「フィニアスとファーブ」の第32話「ペリーが卵を産んだ!」において鯨語を披露しており、これで鯨語とイルカ語の両方を初めて喋った声優ということになる?(笑)

*5:さらにいえば、ニモも片方のヒレが生まれつき小さいため、泳ぎを苦手としている

*6:それだけに、施設の外にいるアシカたちの描き方には不満が残る部分もある。ただ、従来のディズニー作品でもわりあいよく見る配役であり、そういうお約束を皮肉ったものかもしれない

*7:ファインディング・ニモ』でもやはりスタンダードの「ビヨンド・ザ・シー」が使用されていた。歌っているのはロビー・ウィリアムズ

*8:1991年に発表された娘ナタリー・コールとの擬似デュエットのヒットも記憶に新しい