「ファー・アウェイ・アイズ」はまだ聴こえているか?

「ミステリマガジン」9月号に構成を担当した記事が掲載されます

レイモンド・チャンドラーの未発表掌篇「大丈夫――彼はただ死んだだけだから」が掲載されていることで話題になっている「ミステリマガジン」9月号。

 

ミステリマガジン 2018年 09 月号 [雑誌]

ミステリマガジン 2018年 09 月号 [雑誌]

 

 

そんな「ミステリマガジン」9月号の巻頭特集「“ミステリ考”最前線」における対談記事「ハヤカワ文庫 冒険スパイ小説フェア開催記念トークショー 手嶋龍一×佐藤優」の構成を担当しました。

インテリジェンス――情報を精査して事象を読み解くこと。そういったインテリジェンスの観点から考えるスパイ小説とは? みたいな内容です。

 

インテリジェンスの最強テキスト

インテリジェンスの最強テキスト

 

 

お二人のお話は、「6月にシンガポールで行われた米朝首脳会談についての報道をどう読むか?」から、ジョン・ル・カレの『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』や『ジョン・ル・カレ伝』にまで、及んでいます。

 

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

 

 

ジョン・ル・カレ伝 上

ジョン・ル・カレ伝 上

 

 

 かなりギリギリまで攻めた内容になっていますが、これでもかなりカットしています(笑)。面白いですよ。ぜひぜひ。